Favoriteゲーム


PC、コンシュマ問わずにクリアもので好きな(好きだった)ゲームを紹介します。

私の場合、MSX→MSX2→PC8801MA→PC286VG→PC9801BX2と来てWindows3.1→Windows95→Windows98→Windows98SE→Windows2000→WindowsXP→Windows7
と流れています。

好きなゲームはDragon Slayerシリーズ以外でいえば、
ファルコムのBrandish、マイクロキャビンのXak、T&E SOFTのルーンワースなどが上げられると思います。
Brandishは2が得に好きでした。
Xakは1ですね。2,3は1の出来からすればちょっと落ちるような気がします。
ルーンワースは1の黒衣の貴公子でしょう。
2からはPC98での発売で音源がせっかくYM2608だったのにYM2203に戻ってしまったため、しょぼくなりましたね。
T&Eの場合、どうしても不親切設計が目立つような気がします。
最初に触れたのはMSXのカセットのハイドライド1ですが、当時は30分のロード時間もさほど気にはなりませんでした。
しかし武器やや助言人物は居ません。アイテムゲットしても使い道が分からない場合もあります。
ハイドライド2は一応武器屋っぽいのというか街っぽいのというかそういうのはありますが、助言者という意味ではいないも同然ですね。
ラスボスの倒し方なんかはっきりいって偶然見つけたようなものですし。
ハイドライド3でやっと本格的にはなりました。
Xakはイース、ハイドライド3からいいとこ取りしたという感じです。
結構お勧めかもしれません。
あとはコナミのガリウスの迷宮。
結構やり混みましたね。MSX版です。
コナミだと好きなゲームはスナッチャー、ポリスノーツ、メタルギアソリッドくらいがあると思います。
スナッチャーはPC88版、相当えぐいです。PC-Engineで出た時には確かモザイク入りましたけどね(PS版は間違いなく入ってた)。
ポリスノーツは私がPC9821を持ってなかったためPCでのゲームではなくコンシュマのPSでマウスでプレイしました。
メタルギアソリッドは1,4が個人的には好きです。

あとファルコムのところで触れませんでしたが、太陽の神殿もお勧め。
というかこれ一応ゲームオーバーは無いに等しいのですが、選択を間違ったりすると、ゲームが進行できなくなります。
進行できない状態がプレイしている本人には分からないため、いわゆる「はまった」状態になったことに気がつかない事が多いです。

あとPC時代で遊んだといえばリバーヒルソフトのBURAI、KIGEN。
戯画のV.G.(ヴァリバブルジオ)、TGL(だったと思うけど)のソードダンサー。
GAINAXのふしぎの海のナディア、プリンセスメーカー。
グローディア(バショウハウス)のエメラルドドラゴン、Vain Dream。
ライトスタッフのアルシャーク。
くらいでしょうか。
BURAIは上巻が音楽よくて良かったんですが、下巻の音楽が最悪だったのを覚えています。
KIGENはオーソドックスなRPGです。
V.G.は格ゲー。PCでは結構めずらしいですよね。一応キャンセル技や超必殺技なども存在し画面の動きこそ荒いけど面白さはありました。
ソードダンサーはMIDI対応だったのでMIDIで音楽ならしてました。
戦闘は格ゲーっぽい。戦闘を除けば普通のRPGっぽくはなってたと思います。
ふしぎの海のナディアは、アドベンチャー。MIDI対応で結構臨場感あってよかったんではないでしょうか。
プリンセスメーカーは結局プリンセスには成らせることは出来ませんでしたが、結構楽しみましたね。
エメラルドドラゴンは、スタッフを募集からスタートさせたゲームです。
なので同人の延長上に存在するような感じでしょうか。
非常にストーリーは長く、レベルも平気で100超えします。
Vain Dreamもそんなエメラルドドラゴンの流れを組んだゲームです。
この2つは今まで普通だった16ドットスクロールではなく8ドットスクロールになっています。
なのでスクロールが非常にスムーズでキレイに見えます。
アルシャークはエメラルドドラゴンのスタッフが別々になって作ったゲーム。
こちらもスクロールはスムーズ。マップは宇宙があるので広いというより目的地を探すのに苦労します。

PCはこんなものかな?
コンシュマではときめきメモリアルやFINAL FANTASY、Dragon Quest、ロマンシングサガなど、コナミやスクウェア、エニックスあたりがメインとなりましたね。
NEO-GEOを購入してからは餓狼伝説2、餓狼伝説SPECIAL、龍虎の拳2、ワールドヒーローズ2、サムライスピリッツ、ラストリゾート、KING OF FIGHTERS ’94あたりを持ってました。

PS2以降は多すぎるのでまたの機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください