ogg/wav簡易プレイヤ


kpiのsnesにkbsnesapu.kpiがあったので、48kに対応しました。
24bitはシステム的に大きな変更を強いられるので行っていません。
今まではプラグインのファイル名で音量を見ていましたが、SPCの拡張子のものすべてと、それ以外で分けました。
フォルダ内は上から順に(アルファベット順)見ていくので、上に置いたものが使われます。
なので、aaaとかフォルダ作ってそこに入れると他に同様のプラグインがあっても優先的に使われるようになります。
これ以上設定ファイルを増やしたくなかったのでチェック付のプラグイン選択画面はありません。
起動時にプラグイン総なめしているので、起動後にフォルダ作っても反映はされません。再度プレイヤを再起動してください。

他、mp3やゲームの方は全く手を入れていません。kpi部分のみの変更ですので私のサイトのみの公開とします。

本当はWinampのプラグインとかも対応したいのですが、やり方があまり分かってないので保留してます。
意見や要望は受け付けますので気軽にコメントしてね。
ファルコムものでは、VM JAPANのみが対象外となってます。私自身がもってないもので。
ファイル名、曲名、基本となるインストールパスやファイル構造が分かればもって無くても対応できるので、対応して欲しい人がいましたらそれら一覧を送って下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください