簡易プレイヤ


SteamのYs8のoggに対応できました。
近々公開します。

まず、ys8のoggのバイナリを見て観ましょう。

これだけでは、何がどうなっているのか分からないですよね。
私もこれが何なのかoggのヘッダ部分取っ払ってデータ部分だけなのか、解析する上で全然分からず2,3日掛かりました。

で、ずっと解析を続ける中で先頭部分に注目しました。

これがys8のoggの先頭部分。


これが普通のoggの先頭部分。

なんかパターンみたいなものが見えてきました。

なにか暗号化されているみたいに見えますね。
Address 00 が 04になってます。実際は4Fです。
差分とか色々行うと以下のようになります。
まず、下位4ビットと上位4ビットが入れ替わります。
0x0fとxorを取ります。
04⇒40⇒0x0fとxor⇒4f
ぴったりですね。

他のSteamはパック化されてoggみたいに外に出てないので無理がありますが、Ys8は出来ました。
実装の際、デコードされたogg、ファイル名_dec.oggとして作成します。
内部で処理行ってメモリに置くことも考えたのですが、ファイルとして外に出して、それを再生する形を取りました。

https://ppp.oohara.jp/ogg.html
更新日付変わってませんがファイルは新しくなってます。

m4aのalacは再生しようとすると落ちますのでドロップしないように。(実装中ではありますが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください