OSVERION表示クラス

ogg/wav簡易プレイヤの下部に表示されているWindowsのバージョン表示のクラスを置きました。
GetVersionString();はCStringで返す文字列です。
windows 7 Ultimate Edition Service Pack 1 64bit
のような文字列を返します。
もう一つの関数は.hを見てもらえれば分かりますが、構造体やGetProductInfoで獲得した値を取ってきます。
自分のプログラムで使いたい場合に使用すると良いと思います。

http://ppp.oohara.jp/download/OSVersion.zip

対応OSはWindows95/98/Me/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10と、NT3.5/NT4.0/Server 2003/2008/2012です。
serverの方はOSがないので表示されるかの確認は出来ていませんが、おそらく大丈夫だと思います。
あとXPのx64についてはServer2003として認識されると思います。
これはXPのx64と普通のXPではOSバージョンが違うのが原因です。(普通のXPが5.1、x64が5.2、Server 2003も5.2)

古い開発環境ではエディションの定義がされていない場合があります。
その場合は#defineで以下を追加して下さい。

#define PRODUCT_UNDEFINED 0x00000000

#define PRODUCT_ULTIMATE 0x00000001
#define PRODUCT_HOME_BASIC 0x00000002
#define PRODUCT_HOME_PREMIUM 0x00000003
#define PRODUCT_ENTERPRISE 0x00000004
#define PRODUCT_HOME_BASIC_N 0x00000005
#define PRODUCT_BUSINESS 0x00000006
#define PRODUCT_STANDARD_SERVER 0x00000007
#define PRODUCT_DATACENTER_SERVER 0x00000008
#define PRODUCT_SMALLBUSINESS_SERVER 0x00000009
#define PRODUCT_ENTERPRISE_SERVER 0x0000000A
#define PRODUCT_STARTER 0x0000000B
#define PRODUCT_DATACENTER_SERVER_CORE 0x0000000C
#define PRODUCT_STANDARD_SERVER_CORE 0x0000000D
#define PRODUCT_ENTERPRISE_SERVER_CORE 0x0000000E
#define PRODUCT_ENTERPRISE_SERVER_IA64 0x0000000F
#define PRODUCT_BUSINESS_N 0x00000010
#define PRODUCT_WEB_SERVER 0x00000011
#define PRODUCT_CLUSTER_SERVER 0x00000012
#define PRODUCT_HOME_SERVER 0x00000013
#define PRODUCT_STORAGE_EXPRESS_SERVER 0x00000014
#define PRODUCT_STORAGE_STANDARD_SERVER 0x00000015
#define PRODUCT_STORAGE_WORKGROUP_SERVER 0x00000016
#define PRODUCT_STORAGE_ENTERPRISE_SERVER 0x00000017
#define PRODUCT_SERVER_FOR_SMALLBUSINESS 0x00000018
#define PRODUCT_SMALLBUSINESS_SERVER_PREMIUM 0x00000019
#define PRODUCT_HOME_PREMIUM_N 0x0000001A
#define PRODUCT_ENTERPRISE_N 0x0000001B
#define PRODUCT_ULTIMATE_N 0x0000001C
#define PRODUCT_WEB_SERVER_CORE 0x0000001D
#define PRODUCT_MEDIUMBUSINESS_SERVER_MANAGEMENT 0x0000001E
#define PRODUCT_MEDIUMBUSINESS_SERVER_SECURITY 0x0000001F
#define PRODUCT_MEDIUMBUSINESS_SERVER_MESSAGING 0x00000020
#define PRODUCT_SERVER_FOUNDATION 0x00000021
#define PRODUCT_HOME_PREMIUM_SERVER 0x00000022
#define PRODUCT_SERVER_FOR_SMALLBUSINESS_V 0x00000023
#define PRODUCT_STANDARD_SERVER_V 0x00000024
#define PRODUCT_DATACENTER_SERVER_V 0x00000025
#define PRODUCT_ENTERPRISE_SERVER_V 0x00000026
#define PRODUCT_DATACENTER_SERVER_CORE_V 0x00000027
#define PRODUCT_STANDARD_SERVER_CORE_V 0x00000028
#define PRODUCT_ENTERPRISE_SERVER_CORE_V 0x00000029
#define PRODUCT_HYPERV 0x0000002A
#define PRODUCT_STORAGE_EXPRESS_SERVER_CORE 0x0000002B
#define PRODUCT_STORAGE_STANDARD_SERVER_CORE 0x0000002C
#define PRODUCT_STORAGE_WORKGROUP_SERVER_CORE 0x0000002D
#define PRODUCT_STORAGE_ENTERPRISE_SERVER_CORE 0x0000002E
#define PRODUCT_STARTER_N 0x0000002F
#define PRODUCT_PROFESSIONAL 0x00000030
#define PRODUCT_PROFESSIONAL_N 0x00000031
#define PRODUCT_SB_SOLUTION_SERVER 0x00000032
#define PRODUCT_SERVER_FOR_SB_SOLUTIONS 0x00000033
#define PRODUCT_STANDARD_SERVER_SOLUTIONS 0x00000034
#define PRODUCT_STANDARD_SERVER_SOLUTIONS_CORE 0x00000035
#define PRODUCT_SB_SOLUTION_SERVER_EM 0x00000036
#define PRODUCT_SERVER_FOR_SB_SOLUTIONS_EM 0x00000037
#define PRODUCT_SOLUTION_EMBEDDEDSERVER 0x00000038
#define PRODUCT_SOLUTION_EMBEDDEDSERVER_CORE 0x00000039
#define PRODUCT_PROFESSIONAL_EMBEDDED 0x0000003A
#define PRODUCT_ESSENTIALBUSINESS_SERVER_MGMT 0x0000003B
#define PRODUCT_ESSENTIALBUSINESS_SERVER_ADDL 0x0000003C
#define PRODUCT_ESSENTIALBUSINESS_SERVER_MGMTSVC 0x0000003D
#define PRODUCT_ESSENTIALBUSINESS_SERVER_ADDLSVC 0x0000003E
#define PRODUCT_SMALLBUSINESS_SERVER_PREMIUM_CORE 0x0000003F
#define PRODUCT_CLUSTER_SERVER_V 0x00000040
#define PRODUCT_EMBEDDED 0x00000041
#define PRODUCT_STARTER_E 0x00000042
#define PRODUCT_HOME_BASIC_E 0x00000043
#define PRODUCT_HOME_PREMIUM_E 0x00000044
#define PRODUCT_PROFESSIONAL_E 0x00000045
#define PRODUCT_ENTERPRISE_E 0x00000046
#define PRODUCT_ULTIMATE_E 0x00000047
#define PRODUCT_ENTERPRISE_EVALUATION 0x00000048
#define PRODUCT_MULTIPOINT_STANDARD_SERVER 0x0000004C
#define PRODUCT_MULTIPOINT_PREMIUM_SERVER 0x0000004D
#define PRODUCT_STANDARD_EVALUATION_SERVER 0x0000004F
#define PRODUCT_DATACENTER_EVALUATION_SERVER 0x00000050
#define PRODUCT_ENTERPRISE_N_EVALUATION 0x00000054
#define PRODUCT_EMBEDDED_AUTOMOTIVE 0x00000055
#define PRODUCT_EMBEDDED_INDUSTRY_A 0x00000056
#define PRODUCT_THINPC 0x00000057
#define PRODUCT_EMBEDDED_A 0x00000058
#define PRODUCT_EMBEDDED_INDUSTRY 0x00000059
#define PRODUCT_EMBEDDED_E 0x0000005A
#define PRODUCT_EMBEDDED_INDUSTRY_E 0x0000005B
#define PRODUCT_EMBEDDED_INDUSTRY_A_E 0x0000005C
#define PRODUCT_STORAGE_WORKGROUP_EVALUATION_SERVER 0x0000005F
#define PRODUCT_STORAGE_STANDARD_EVALUATION_SERVER 0x00000060
#define PRODUCT_CORE_ARM 0x00000061
#define PRODUCT_CORE_N 0x00000062
#define PRODUCT_CORE_COUNTRYSPECIFIC 0x00000063
#define PRODUCT_CORE_SINGLELANGUAGE 0x00000064
#define PRODUCT_CORE 0x00000065
#define PRODUCT_PROFESSIONAL_WMC 0x00000067
#define PRODUCT_MOBILE_CORE 0x00000068
#define PRODUCT_EMBEDDED_INDUSTRY_EVAL 0x00000069
#define PRODUCT_EMBEDDED_INDUSTRY_E_EVAL 0x0000006A
#define PRODUCT_EMBEDDED_EVAL 0x0000006B
#define PRODUCT_EMBEDDED_E_EVAL 0x0000006C
#define PRODUCT_CORE_SERVER 0x0000006D
#define PRODUCT_CLOUD_STORAGE_SERVER 0x0000006E

#define PRODUCT_UNLICENSED 0xABCDABCD

Visual Studio 2013/2015

Visual Studio 2013/2015にCommunityというのが追加されたみたい。
Professional相当の機能が無料で使えるというもの。
個人か中小企業のみの利用に制限はされているが、出来上がったexeやアプリは商用に使っても問題ない。
ということで2015 Communityをインストール中。
2013の記事を読んでいてMFCも使えるみたいなので2015 CommunityでもMFCは使えるはず。
いやはや無料になってくれると嬉しいねぇ。
今まではExpressがMFC非対応だったので、気にもとめなかったんですが、今後はこれがExpressの位置づけになるんでしょうかね。
MFCが使えて無料なんてバンザイとしかいいようがない。
https://www.visualstudio.com/ja-jp/products/visual-studio-community-vs.aspx

μ’s 劇場版 挿入歌CD 1 Angelic Angel / Hello, 星を数えて / 2 SUNNY DAY SONG/?←HEARTBEAT / 3 僕たちはひとつの光/Future style

2015.07.01発売の
μ’s – Angelic Angel / Hello, 星を数えて 劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』挿入歌1
が6/30付けオリコンチャート2位。
劇場版のCDだけどやはり上位に食い込みますねぇ。
第2弾、第3弾とあるので、今後の動向にも期待。

p.s.
7/1が1位、7/2も1位、7/3も1位!! 7/15 7位!

2015.07.08発売の
μ’s – SUNNY DAY SONG/?←HEARTBEAT  劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』挿入歌2
2位→1位→2位 7/15 4位

7/10のミュージックステーションでラブライブが紹介。
CDシングルランキングで、2位、3位とμ’sが独占。
すげー。

2015.07.15発売の
μ’s – 僕たちはひとつの光/Future style 劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』挿入歌3
2位→1位

映画の方は3週連続1位。動員数100万人越え。興行収入14億円だそうですね。

これでμ’s編のラブライブは終わりなのかなぁ。
次に「ラブライブ サンシャイン」が決まっているし、メンバー総入れ替えだし。
個人的にはμ’s編は続いて欲しい。
アニメは続かなくてもCDは出して欲しいし、OVAとしてでもいいので続いて欲しいのが正直なところ。
第3期があるかという議論も相当ありましたが、サンシャインが第3期なら、μ’s編は完全に終わりですものね。
寂しいです。
μ’s大好きな私としてはあのメンバーでというのに意味がありますので、メンバー変わっちゃったら意味なくなっちゃうんですよね。
どうなるんだろ。。。。

ラブライブ サンシャイン
http://www.lovelive-anime.jp/sp_sunshine.html